ホットヨガダイエットの成功方法

ヨガ初心者に起こりやすい体調不良の5つの注意点

更新日:

足を上にヨガポーズ

1.初心者に起こりやすい5つの体調不良の原因

ホットヨガを、いざ始めても、体がなじまない間は、頭痛やめまいがしたり胃がムカムカしてきたり、疲れが取れないなど体調が良くないという感じになってしまいます。

特に初心者ほど、このような症状が起こりやすいので注意が必要です。

私も初めは気持ち悪くなったり、めまいがしたりしました。

高温での運動は身体にとって刺激ですから、慣れたら代謝がよくなり、体が伸びて気持ち良くなりますが、慣れないうちは仕方ないと思います。

このような症状がおこるのは、主に4つの理由があります。

 

①初めてのホットヨガ体験レッスンでブルブル震える?

室内で身体を伸ばすポーズ

体が硬いと、初めての体験レッスンでは、インストラクターのポーズを真似するだけでも必死になるはずです。

そんな時は、ポーズによってはかなり体がブルブル震えて姿勢を保てないことも。

バランスを崩したり、脚が開かなかったりすることもあります。

管理人レナ
わけも分からず、とにかく体験レッスンが終わってしまうことが普通です。

できなくてもマイペースに取り組めばいいだけです

ブルブル震えるのは、まだ上手くインナーマッスルが使えてないだけ。

回数を重ねるにしたがって、だんだんできるようになりますから。

頭を上下するポーズが入ってくるようになると、それだけでも気分が悪くなるかもしれません。

しかし、これもだんだんできるようになるので、心配いりません。

初めての体験レッスン

ポーズを真似するだけでも必死。
インナーマッスルがうまく使えないから、最初はブルブル震えるよ。
本文う~ん

 

②水分補給が思ったより少ないとめまいが

ヨガマットの上で祈るポーズ

初めてのホットヨガ体験で、忘れてはならないのが水分補給です。

ホットヨガは、高温多湿の部屋で行うのは理解してる。

一般に、発汗が物凄く、水を随時飲みながらします。

管理人レナ
持ち物に飲料水とだけ指定されることが多いのですが、何をどのくらい持っていけばいいのか心配になると思います。

なるほど

多い時は1リットル以上の汗をかきますよ本文う~ん

体験レッスンでは、無理のない初歩的なポーズをやる場合が多いですが、驚くのが汗の量です。

体験ですと、35~37℃の室温の中で1時間ほどヨガをやります。

しかし、汗が尋常じゃありません(と、初めての方は、きっと思います)。

体のなかから暖かくなってくるので、代謝が良い人ほど、どんどん水を飲む傾向です。

飲んだ水が、そのまま身体から浸み出してるのかと思うほど。

初めは、服や汗拭きタオルが絞れるくらいに。

そして、それでも収まらず、ダラダラダラダラと滝のように流れてきて、周りに水たまりが出来るほどです。

管理人レナ
常連さんは、多い時は1リットル以上の汗をかくそうですが、これは毛穴の汚れや老廃物が出て良い汗です。

汗がすごい

体験に行くと、出てくる汗の量に驚くよ。毛穴の汚れや老廃物が出る良い汗ね。

 

なるほど

つまり60分のレッスンで1リットルの水を飲みます!

ホットヨガではたくさん汗をかいてデトックスしていく分、お水もたくさん飲みます。

インストラクターからも、レッスン中によく「お水やミネラルウオーターを飲んでください」と言われるはず。

普通のヨガ教室では、水、スポーツドリンク、お茶、水素水など、みんな好みの飲み物で水分補給されているようです。

管理人レナ
しかし、ホットヨガでは、普通のヨガより汗の量が比べられないくらい多いので、例えば60分のレッスンで1リットルの水分を摂るよう指導されるんです。

ヨガレッスンで大量の汗をかいて水分補給

日常生活では考えられない量ですね。

スタジオによっては2リットルと言われるところもありますが、最初は60分のクラス参加でしたら1リットルあれば充分でしょう。

お好みもありますが、お水かスポーツドリンクが多いようです。

ただ、ペットボトルのまま持っていき、床の置いておくとやはり自然と温くなります。

冷たいのが好きならば、マグボトルに入れていけばOK。

管理人レナ
逆に、レッスン中に体を冷さないために、常温の水を飲まれる方もいますよ。

 

なるほど

汗をかくと、いろんな効果が本文オッケー

まず、発汗が多いと肌が綺麗になります。

また、発汗することで痩せる人もいます。

ただし、汗をかいただけでは痩せない人が多いのは、理由があります。

管理人レナ
ヨガは、汗をかくことで、消化促進や代謝のアップなどをもたらしてくれるので、節食と併用してダイエット効果をあげる人が、実は多いんです。

 

なるほど

体験レッスンでの水分補給で注意する点

一般的に汗をかくときは、スポーツドリンクの方が良いような気がしますね。

でも、スポーツドリンクは意外にカロリーが高いので注意しましょう。

ダイエット的にもよくありません。

インストラクターさんからも、無理せず休憩をとるようには、最初の説明で促してくれます。

盲点になってるのは、湿度も高いことです。

湿度が高いと、案外喉の渇きも感じなく、実際は体から多量の汗で水分が出ていっているのに、水分補給をおろそかにしがちです。

管理人レナ
水分補給しても、身体が慣れていないうちに、もし気分が悪くなるようなことがあれば、我慢せずに休みましょう。

水分補給なら

汗の量がすごく多いので、60分で1リットルの水分補給を。
常温かマグボトルに入れた冷たいお水がおすすめだよ。

 

③初心者は実は呼吸できてないため、酸欠によるめまいが!

ヨガのあるあるですが、初心者はうまく呼吸できてません。ポーズをとるのに、精いっぱいで呼吸を忘れています。

まして、高温多湿下で行うヨガは呼吸が浅くなりがちです。

呼吸が浅いと、全身に酸素が回りきらずに、細胞が酸欠になって、めまいを感じることがありますね。

呼吸で自律神経や交感神経に働きかけることができますから、しっかりと呼吸することを忘れずに!

それに、ホットヨガといっても、さまざまなレッスンがあります。

リンパマッサージを中心にやるものや、アロマヨガ、リラックスヨガなどの名称のものを選んで、先ずは体験に行ってみてはいかがですか?

スタジオによっては、「セミホット」「低温」などの名称で、室温や湿度を低め(常温とホットヨガの中間)に設定したレッスンを設けています。

そのぐらいで様子をみてもよいかもしれません。

 

④もとも血液中の鉄分が不足しがちで低血圧や貧血気味の方は、酸素不足でめまいが

血液中の鉄分が不足していると、酸素が全身に行き渡らず酸素不足を起こすことがあります。

高温多湿の環境で代謝の上がった身体は、普段よりも敏感な状態です。

だからこそ、ヨガで行う事の多いダウンドッグや逆立ちのポーズ等、心臓よりも頭の位置が下になるポーズは、頭に血がのぼりやすく立ちくらみ等の症状も起きやすくなる為に、行わないホットヨガスタジオも多いのです。

もともと貧血気味の方には、はじめホットヨガは、少し刺激が強すぎるかもしれません。

インストラクターに、相談してからスタートするのがおススメです。

 

⑤高温多湿の環境と普段動かしていない筋肉を動かすため、疲れが取れない

ホットヨガは、他のスポーツに比べると、それほど激しい運動ではありませんが、初心者の方にとって、高温多湿の慣れない環境で普段動かしたこともない筋肉を動かすことで、すごく身体に負担がかかる場合があります。

疲れが取れないなどの体の不調を、最初は感じます。

レモンや梅干しなどでクエン酸を補充して、体の疲れを解消するのも一方法です。

 

頭を下げるとヨガらしく

2.それでも我慢できない人向け相談先

上記の4つの体調不良の原因を、我慢できない初心者の方がいるのは当然です。

国民生活センターにまで相談するほど、真剣に悩んでいる人もいます。

あなたも、ホットヨガを始める前に一度はザックリでいいので、覗いておいてください。

きっとお役に立ちます。

ここでは、20歳代から70歳代までの相談事例を、国民生活センターの事故情報データバンクシステムから、主なものをありのままわかりやすく引用しました(原文のまま)。

 

20歳代の相談事例
件数は15件と少ないです。体験教室後に、まだ慣れていないために体の不調となっての相談です。
ホットヨガ教室の体験教室に参加し2ヵ月分申込んだが、湿疹ができたため解約するのでお金を返してほしい。
昨日ホットヨガ教室の体験を受け、会員契約を結んだが、体調が悪くなったので解約したい。
ホットヨガを7ヶ月継続すれば2ヶ月無料のキャンペーン契約をしたが2回利用して自律神経がおかしくなった。無償で解約したい。
チラシを見て昨日ヨガの無料体験に行ったらキャンペーンで安かったのでその日に契約したが帰宅すると気分が悪くなり解約したい。

20歳代で多いのがダイエット目的ですが、そのため普段の生活ではとらないようなポーズをとることで動きづらくなっている筋肉を動かすなど、いきなり負荷の高いコースでは、体への負担が大きすぎます。

ホットヨガといっても、さまざまなレッスンがあります。

リンパマッサージを中心にやるものや、アロマヨガ、リラックスヨガなどの名称のものを選んでみてはいかがですか?

まずは、ヨガで心のリラックスをして、ダイエットに効果的な大量の汗をかくことで、美しく柔軟な筋肉作りをしてはいかがでしょうか?

また、スタジオによっては、「セミホット」「低温」などの名称で、室温や湿度を低め(常温とホットヨガの中間)に設定したレッスンを設けています。

そのぐらいで様子をみてもよいかもしれません。

 

30歳代の相談事例

件数は18件です。20歳代より件数が多く、体が刺激に対し敏感になってくる、年齢的なこともあるかもしれません。

ホットヨガのお試し後にコースの申込みをしたが、身体に合わないと思い、キャンセルを申し入れたら、キャンセル料を請求された。
ホットヨガの体験に行き、その日のうちに入会すると安くなるといわれて契約。夕方から頭痛がするのでやめたいが、認められず。
5日前ホットヨガ教室の体験をして入会を決め契約した。体に合わないと思うので止めたいと思う。購入した商品等どうすればいいか
ホットヨガの無料体験をうけ、入会。10回ほど利用したが、体調が悪くなったため退会したい。
ホットヨガ教室にネット広告を見て行き7か月間継続条件で契約。帰宅後頭痛がし今後通えないため解約したいが可能か。

30歳代で多いのがリラックス目的です。

体の不調を感じやすい年代でもあり、日ごろストレスや疲れを実感しているので、高温多湿で行うホットヨガは普段とは違う環境と感じる面が強く出てしまい、「身体に合わない」と早合点してしまう傾向があるようです。

どちらかと言えば、少しレベルを下げて、心身ともに集中してホットヨガをおこなうことで、心もからだもリフレッシュできるます。

 

40歳代の相談事例
件数は27件です。最も多いのが、この年代です。さらに、体が変化に敏感になっているのでしょうか、しっかりと計画をして始めましょう。
ホットヨガ教室に入会した。レッスンを受けると体調が悪くなったので退会したい。
ホットヨガの教室に通い始めたら、スタジオの空気が悪く、気分が悪くなり不満。室内環境について規制はないのか。解約希望。
ホットヨガ教室の体験レッスンを受けた後に契約したが、頭痛が苦しいので解約したい。
ネット広告を見てホットヨガの体験をし入会した。その後体調が悪くなり退会を了承された。未使用のマットなどを返品したい。
ホットヨガ教室の体験に出向き2か月分の受講料を払い入会した。講習を受けると心臓や手足が震えて体調を崩した。退会希望。

40歳代で多いのが体質改善、そしてできればダイエットです。

子供も手を離れるくらい少し育ってきたので、今までなかった自分の時間を、ママ友たちと一緒に体質改善と、そしてできればダイエットのために使おうと、一念発起して始める方も多いようです。

しかし、高温多湿という環境や、今まで動かしていない筋肉を動かすという点から、身体に負担がかかる場合が多く、「体調が悪く」なるというケースがあるようです。

若い子と同じ様に、急に体を動かすのではなく、目覚めさせる感覚で、無理せず緩いコースから始めるのがオススメです。

 

50歳代の相談事例
件数は19件です。この50歳代も、意外と多くの方が参加してるとわかりますね。
2日前ホットヨガの体験後、キャンペーン内容を聞き契約した。夜、体質に合わないのか頭痛がひどい。クーリング・オフ出来るか。
ホットヨガの体験へ参加、当日に7か月間縛りのあるコースの申し込みをしたが、帰宅後発熱等熱中症様の症状が出た。解約希望。
3ヶ月割引料金になるというチラシを見てヨガ教室の契約をしたが、体調が悪いので解約を申し出た。
折込広告を見てホットヨガ教室の体験をした。体験後、すぐに勧誘され契約した。熱が出たので解約を申し出た。全額返金希望。
ホットヨガの体験後に長期縛りのある契約を了承。その後、体調不良が生じたことで解約したいと思うが、高額請求が発生。

 

60歳代の相談事例

件数は7件です。さすがに、体力も落ちてきていることを実感させられる年代ですので、自分の体力も考えて、ゆるく始めましょう。

昨日ホットヨガの体験後に4か月以上の在席が条件のキャンペーン価格で契約。本日体調不調で続ける自信がない。解約希望。

 

70歳代の相談事例

件数は4件です。この年代の方で、急に始めるのは、少し無理があるかもしれません。

ホットヨガに3回通ったが暑すぎてヨガ中に倒れた。4か月やめられない契約だが1か月でやめたい。特役に該当するか知りたい。

 

せっかく始めたホットヨガです。

うまく自分のものにしてください。

何のために決心したのか、もう一度振り返りましょうね。。
 


 

スッキリ引き締まった身体にはホットヨガスタジオの選び方がポイント

ホットヨガにはどんなレッスンがあるのか気になるし、ホットヨガを一度体験してみたいと思っても、どのスタジオにすべきか、またまた迷うところです。

ネットでのホットヨガスタジオの口コミや知り合いからの情報などを参考に、ぜひご自分にあったスタジオを見つけてください

当HPの編集部でも、詳しい情報をまとめましましたので、ぜひ参考になさってくださいね。

ホットヨガスタジオLAVA

6851

ホットヨガは、ココロもカラダも健康になれる、女性に大人気のエクササイズ。

LAVAは、なんと150店舗以上を展開する“日本最大級のホットヨガ専門スタジオ”です!

LAVAの特徴は、教室のルールや仕組みが統一されていて、どの教室に行ってもほとんどとまどうことはないこと。

レッスンの種類が豊富で、初心者から上級者まで目的別にプログラムがあるので、自分に合ったものを選べます。

ホットヨガ・ヨガのカルド-CALDO-

カルドは地域最安値を目指していて、レッスン参加も予約不要のホットヨガスタジオです。

また、店舗ごとに個性があり、ホットヨガだけではなく、フィットネスや岩盤浴などを併設している店舗もあります。

店舗によっては「ゆるホット」や「常温ヨガ」もあり、ダイエット向け、ストレス解消などのプログラムも豊富。

ホットヨガ・ヨガのカルドの特徴は、シャワールームの多さやパウダールームを完備していて、とにかく施設がきれいで、金額がリーズナブルなこと。

プログラムが豊富で、予約がとりやすく、1レッスンの人数が緩和せれるため広いスペースが使えることですね。

RIZAPボディメイクホットヨガ!

RIZAPが手がけるボディメイクホットヨガ!

2017年12月1日にオープンしたばかりですが、RIZAPだけあって、結果にコミットあります。

RIZAPボディメイクホットヨガの特徴は、月額制でライバルと比較しても安いくらい。

RIZAP独自の食事と運動が手に入って、全ての女性が登場を待ちかねていたホットヨガですね!

-ホットヨガダイエットの成功方法

Copyright© 初心者でもダイエット効果でスッキリ引き締まった下っ腹に|ホットヨガ初心者ナビ , 2018 All Rights Reserved.